こんばんは

田中です

 

今回はコチラのF56 JCWに、、

 

ビルシュタインB14を取り付けしました

BBS RI-Aがより一層カッコ良くみえるようになりましたね~

もちろん乗り味、ハンドリングもノーマルからUP

 

さらに、、

すでにF系MINIでお馴染みとなってしまったエンジンマウントの劣化。。

ゴム部分が潰れて内部のオイルが漏れ出ている状態でしたので、、

 

例によって新品に交換させていただきました

違和感のあったアイドリング時の振動も正常に元通り

 

コチラは外した状態の2ショット

もう一目瞭然ですね~

 

足回りからメンテナンスまでお任せ下さい

 

以上、田中でした~


こんばんは

本日三十路+2歳になってしまった田中です

ちょうど32=ミニということでこれからもMINIの為に頑張っていきます(笑)

 

さて、前にもちょっと案内しましたMCB「モーションコントロールビーム」が発売になりました

 

以下説明

「アイシン精機株式会社がシャシー歪に関する豊富な知見に基づき全く新しい
発想から開発したモーションコントロールビーム。
ステアフィールから不要なノイズ成分を取り除き雑味のないスッキリとした
インフォメーションをもたらします。
走行に伴うボディの自然な変形は無理に抑え込まず適度に逃がしながらダンピング
するため、突っ張るような不自然な固さがなく車両本来のしなやかな乗り味を
さらに上質なものにします。
数あるボディ補強パーツ、振動抑制パーツの中でもMCBは効果を体感しやすい
商品です。MCBならではの上質なドライブフィールを是非体感してください。

 

適合車種はF55(5ドア)、F56(3ドア)となります(GP不可、LCI2モデル未確認)

価格は¥104,500(税込)、工賃はお問い合わせ下さい

 

以上、田中でした~


こんばんは

田中です

 

今回はコチラのR56 クーパーS

オーバーヒートの症状との事でご入庫いただきましたので点検してみますと、、

 

サーモスタットハウジングからの水漏れが確認できましたので、取り外してみますと、内部がボロボロで爪で引っ掻くと簡単に削れてしまう状態。。恐らくパッキン周りも変形して水漏れに至ったのでしょう

ココからの水漏れはR56系定番のウィークポイントですので、「冷却水が減っていく。。」という方は大事に至る前に是非点検をおススメします

 

写真右側の新品パーツに交換し、試走行で水温を上げて、異常が無いことを確認しまして作業完了です

 

以上、田中でした~


こんばんは

田中です

 

今回はコチラのF56 クーパーS

 

ヘッドライトを外して側面からエンジンマウントを見ますとヘタって内部のオイルが漏れ出ている状態、、

 

ということで新品に交換

内部のアルミ部の位置に注目です

 

エンジンマウントの劣化を放置しますと、ゴム部分が完全に抜け落ち激しい振動が起き、トラブルに繋がりますので、早めの点検・交換が吉です

 

その他、オイル交換等行い作業完了です

 

以上、田中でした~


こんばんは

田中です

 

今回はチョット前の作業をご紹介

 

コチラのF56 JCWはくたびれた純正バッテリーからVARTA製AGMバッテリーに交換

夏の暑さに加えてF系ですのでアイドリングストップも加わるなど、バッテリーには厳しい条件昨今のAGMバッテリーは予兆なくいきなりダメになることも多いので、新車から交換していない・あまり乗らない等に該当される方は是非点検をご依頼ください

 

ボンドミニでは上のようなバッテリーテスターを用いて電圧だけでなくCCA(コールド・クランキング・アンペア)と呼ばれる「性能基準値」を測定し、バッテリーの健康状態を正確に判断する事が可能です

 

次いではエアコンガスリフレッシュ

エアコンガスは新車から時間が経つと自然に抜けてしまうので(個体差があります)、それの補充に加えて劣化したコンプレッサーオイル等の汚れまでも回収し、配管から汚れを取り除いた状態でガスとオイルをクルマに戻すことで、コンプレッサーや配管、エバポレーターへの負担を減らし、エアコンを新車に近いコンディションに保ちます

エアコンの点検も是非ご依頼ください

 

以上、田中でした~