うぅ・・・

 

寒いっす。

 

朝全然起きられないっす

ツッチーっす。

何か急に寒くなりましたよね。ラジオじゃぁ初冬並の寒さって言ってました

 

さてさてそんな今日は、ななんと!富山ナンバーのお客様がご来店

 

しかも差し入れに新鮮な海の幸まで頂いちゃいましたありがとうございマース!

ちなみにボンドミニでは差し入れは随時受付中です。

・・・と「私の帰りのカバンにはまだ若干の余裕がございます」の林家こん平師匠みたいな事を言ってみる(笑)

 

作業はオイルやフィルター類の交換プラスα

エンジンのフィルターは交換ついでにAMSECHSのダイレクトエアーボックスへ

コレ、相変わらず売れてます。

吸気音が大きくなり過ぎるのはチョット・・・と言う方や、吸気効率を上げたいけど防塵性、耐久性やは損ないたくない!という方にお勧め!

剥き出しタイプと純正交換のちょうど中間と言った感じでしょうか

 

一緒にスロットルボディスペーサーも取付

出足や加速時でのアクセルレスポンスの鈍さを解消させます。

今回はブースト圧の取り出しはしないので蓋を。

将来的にブースト計を付ける時はココへ繋げるだけで簡単に取付が出来ちゃいます。

 

U様、遠方よりのご来店ありがとうございました

 

 

 

お次はコチラ

 

じゃじゃーん

なんと!F60クロスオーバー クーパーSEにOZのホイールを取付させて頂きました。

ウチでF60にホイール一番乗り

SEで言ったら世の中的にもかなり早い方じゃないんでしょうか?!

 

取付させて頂いたホイールはOZ今年の新作HyperGT HLT19インチ!

シャープな10本スポークが特徴的なOZ Racingシリーズのホイールです。

 

カラーはスターグラファイトというグレーメタリック系のカラーなんですがコレがまた高級感もあってイイ感じ

ディスクの表情も角度が変わるとガラッと変わりますね。

 

出面も出過ぎず引っ込み過ぎずのちょうどいい塩梅

しいて言えば、もうほんのチョビっとだけ下げるとバランスがより良くなりそう。

でもSE用の足がまだ無いのと乗り味にも大きく影響する部分なので難しいトコロですね。

 

 

ところで話は変わりますが今回作業前にオーナー様から

「良かったらちょっと乗ってみる?充電してあるし

なーんて嬉しいお言葉が!

うふょー

前回ピットに回送する動かしただけでしたからね。

って事で少し試乗させて頂いちゃいました。・・・とは言っても近所をぐるっとですが。

 

先ず動かしてすぐ感じるのが「重たい車」を動かしている感覚

でそれは決してネガティブな重さじゃなくてそれを余裕で動かすパワートレインとしっかり支えるボディや足回りも伴った重さ

しいて言えば高級車の様な重厚感

評論家とか自動車ライターはどんなレビュー書いてるのかなと思ってチョット見て回ったら似たような印象を書いているレビューがありました。・・・決してここからパクって書いてる訳ではありません(笑)ホント正直な感想

F60はお陰様でJCWからONEまで一通りハンドルを握らせて頂きましたがPHVになると同じ車でこんなにも違う物なのかと正直ビックリ

走った印象はもう快適そのもの!

静かだし(当たり前)モーターのフラットな加速は最高です。

エンジンと違ってトルクが一定で下から上までリニアに反応する感じ。

本当に面白いし乗って楽しい車です

しいて言えば車が静かすぎてヘタなタイヤ履けませんね。

だって運転中に聞こえる音でロードノイズが一番大きいんですもの(笑)

そう考えると今回チョイスしたミシュランPS4はベストチョイスですね!

いやーいい経験させて頂きました。F60はホントよく見るようになりましたがPHVはまだレアですからね

O様ありがとうございました。

 

 

 

 


こんばんは。ツッチーです。

 

今週のボンドミニは

 

ピットの奥でヤ〇ザキ春のパン祭りならぬボンドミニ秋のホイール祭りが始まってます

こっちはシールもありませんし、お皿も貰えませんけどね(笑)

 

沢山ご注文頂けて嬉しい限りです。

何処でも買える無難なホイールで満足出来ないアナタ!

拘りの足元は是非ボンドミニにご相談下さい!

 

そんな訳でホイールが熱い今週ですが即納できる物(在庫)もありますよん

先ずはコチラ

 

 

TWSのEXlete(エクスリート) 115F Monoblockです。

TWSはメイドインジャパンの鍛造ホイールメーカー、株式会社TAN-EI-SYA WHEEL SUPPLYの頭文字を取ったブランド

スーパーカーやハイエンドカーでお馴染みの某鍛造ホイールも実はTWSがディスクを作ってたりします。

サイズは7.5J×18+43

F55~57にバッチリ履けます。

しかも

JCWキャリパー対応

 

鍛造だけあってかなり軽量にもつくられています。

タイヤは各メーカーご用意できますのでお見積りだけでもお気軽にどうぞ

 

お次はコチラ

 

 

ドイツ・ランクフルト発信の アルミホイールSUPER+(スーパープラス )です。

サイズは8.5×19 +45

F54クラブマンにパツパツで履けます。F60もOKです。

このホイール、今ヨーロッパで爆発的に流行ってるみたいですよ

先月号af・imp (オートファッションインプ)の表紙車も履いてましたね。

輸入元HPギャラリーがありますので覗いて頂ければどんな感じで履いているか分かると思います。

ベッタベタの車高にして誰か履いてみませんか?絶対カッコいいと思います。

僕のやっつけ合成画像で良ければ装着イメージも作りますよ

まだあります。

monの19インチ、S10.2Tです。

純正サイズでF54クラブマンにピッタンで装着可能です。

タイヤもファルケンのFK453が組込済みですので即納どころかアポなし即取付も可能!・・・だと思います。超絶忙しくなければ

コチラは全部コミコミ19万円、現品限りの超お買い得品でもあります。

是非お問い合わせください!

 


こんばんは。ツッチーです

 

今日はH様のF54にAVインターフェースを使って地デジの取付

 

ブログでもすっかりお馴染みです

先ずAVインターフェースって何ぞ?と言う方もいるかもしれませんのでそちらの説明

 

コレがAVインターフェース

今回はa/tackのAT-VEM508S と言う物を使いました。

このAVインターフェース、超簡単に言うと純正のナビ画面にコンポジット入力(テレビとかDVDデッキの裏にある赤白黄色のアレ)を設ける機械

つまりそのままでは何も入力出来ない純正画面ですがこれさえ付ければ色んな物が繋げるというわけ

様々なメーカーから同様の商品が販売されていて微妙に機能や操作方法が違ったりします。

ちなみにディーラーオプションの地デジやバックカメラもAVインターフェースを使って取付られています。

 

と言う事で地デジを取付してAVインターフェースに接続すればこの通り

 

さらに今回はユピテル製レーダーZ700Nsdも取付して入力

警報が純正画面に表示されちゃいます。

さらにさらに今回使用したa/tackのAT-VEM508Sの凄いトコロ!

なんとAVインターフェースが純正の「CAN-BUS」と呼ばれる通信ラインに接続されるのを利用して車輌ステータスの表示まで出来ちゃうんです!

表示可能な物は以下の通り

● エンジン回転数表示(50回転毎にバーグラフ表示。MAX9000rpm) 
● スピード表示(MAX350km/h) 
● シフトポジション表示(Dレンジのままでも何速に入っているか判別可能)
● 水温表示(摂氏表示) 
● 油温表示(摂氏表示) 
● トルク表示/ピーク表示対応(バーグラフ%表示) 
● パワー表示/ピーク表示対応(バーグラフ%表示) 
● Gセンサーモニター表示/ピーク表示対応 
● ヨーレート表示 
● ステアリング操舵角表示 ブレーキ表示

油温水温は把握したい!って人結構多いんじゃないでしょうか?

さらにサーキットユーザーは走行録画をする際に画面が映るように撮ればGセンサーモニター表示、ヨーレート表示 、ステアリング操舵角表示 、ブレーキ表示などのログにも使えちゃいますね。

 

と言う事で地デジでもDVDプレイヤーでもバックカメラ、フロントカメラでもとにかく先ずは「AVインタフェース!」コレです。

 

ご予算や用途、必要機能に応じてご提案させて頂きます。AVインターフェースのご相談は是非ボンドミニまで!

それでは!


こんばんは。ツッチーです

 

今日はF56のバッテリー交換作業です。

F56も発売から3年以上経ってますからねバッテリー交換もバシバシご入庫頂いています。

今日はそのバッテリー交換をどうやってるかご紹介

「工賃〇〇円でーす!」って言われてもどんな作業しているか判らないと高いのか安いのかも分からないですからね

F系は全てエンジンルームのこの位置にバッテリーがあります。

と言ってもフルカバーなので全く見えません(笑)

と言う訳でプラナット、ビス、プラスチックのロックなどなどなどを外してカバーを取り除いてやっとコンニチハします。

ちなみにバッテリーの上にある黒い箱はACシュニッツァーのサブコンです。

 

MINIに限らず型式が新しくなるにつれてドンドン面倒になってますね

しかーしまだバッテリーは取り出せません。

 

手前のカバー×2を外してようやく固定金具にアクセス出来ます。

 

固定金具を外してバッテリーターミナルに接続されているケーブルを外せば摘出完了

 

 

外したバッテリーと交換する新品バッテリー

交換前と同じAGMの

80Ahです。

バッテリータイプや容量を変更する場合はプログラミングが必要です。

 

 

あとは逆の手順で戻して終りょ・・と、思いきや

まだ作業が残ってます。

 

バッテリー交換後はテスターを繋いでバッテリー交換の記録

同時に交換後に問題が無いかも一緒にチェックします。

パワーウィンドーの設定がリセットされていたりするとオートが効かなくなっていたり・・・。

勿論、時計もリセットされます。

ということでその辺諸々点検と再設定

あ、そうそう。

アイドリングストップはバッテリー外すと一時的に動作しなくなりますが、ある程度走行すると車両が学習しまた動作するようになりますよん

 

さて感じで色々面倒なF系バッテリー交換なのでありました。

バッテリーの点検はいつでも無料で承っています。

点検自体は5分もあればできます。

何がの作業のついででも、点検だけでもお気軽にお声かけください。

 

それでは!

 

 

 


こんばんは。ツッチーです。

 

今日は昨日の続き、クラッチ交換

 

降ろしたT/Mは比較的キレイ

ディスク残量もそこそこ残ってました。

 

今回はリフレッシュも兼ねているのでシャフトシールやガイドスリーブなどなど消耗するショートパーツは片っ端から交換

距離飛びor低年式ならシール交換までやっちゃうのがおススメです。

 

写真撮り忘れたんですけど使用したクラッチキットはARUGOSなので専用のレリーズベアリングになります。

53のレリーズベアリング弱いんですよね

これなら安心

後は綺麗に清掃して組み上げれば完成です。

 

クラッチ交換以外にアレコレやってたらすっかり暗くなっちゃいました

でも交換した甲斐あってもうビンビンのレスポンス&新車の様なクラッチフィール

ARUGOSの軽量フライホイールはホントに効きます!激変しますよ!

あ、そうそう。

入庫時クラッチ踏むとギコギコ鳴ってたのも直ってますよ~オーナー様

最初レリーズシリンダーかな?!と思ったんですがどうやらクラッチだったみたいです。

 

あとはアライメント調整と試運転を終えれば納車を待つばかりです。

と言う訳でARUGOS強化クラッチキットのご用命は是非ボンドミニまで

F56用も出てますよ。

やった事無いんで誰か実験台になってください(笑)

 

・・・と言うのは冗談で

 

サービスマニュアル全て完備していますのでF56系もドンと来いです。

是非お問い合わせください。