こんばんは!ツッチーです

 

今日は今年最後?!・・・そう願いたい(笑)クラッチ交換

 

ご入庫頂いた車両はR56JCW

クラッチが完全に終了していて繋いでも車が前に進まない状態でした

それもそのはずディスクのフリクションフェーシング(磨材部)が完全になくなっていました。

リベットにも接触した跡が見受けられます。

クラッチカバーはかなり焼けてしまっています。

 

 

 

コチラは外したフライホイール

少し揺らした感じ内部のダンパーも心なしかおかしいような・・・

 

クラッチに違和感を感じたら必ず点検することをオススメします。

僕ら整備している人間なら少し動かしただけでもクラッチの状態はだいたい判ります。

そのまま使い続けてフリクションフェーシング(磨材部)が完全になくなると、

 

カバーやフライホイールにも深刻なダメージが及びます。

外したフライホイールは無数のクラックと焼けた跡が見受けられますね。

 

通常、クラッチの修理やリフレッシュはレリーズベアリング、ディスク、カバーの3点セットなのでフライホイールは再利用となりますが、

こうなってしうまうと再利用には大きなリスク(異音やジャダーなど)がありますので正直オススメ出来ません。

 

フライホイールも一緒に交換すればOKなのですがフライホイールはメチャメチャ高額

 

そこで登場するのが

 

 

はい小倉クラッチのライトクラッチシステムARUGOS(アルゴス)です。

アルゴスは専用のレリーズベアリング、ディスク、カバーの他に軽量フライホイールがセットになっているので、純正のフライホイールが死亡していても関係ありません

ちなみに純正のフライホイールを買おうと思うとそれだけでARUGOSが買えちゃいます。(純正フライホイール高けー

 

ARUGOSなら軽量フライホイールでレスポンスもビンビンになりますからね修理ついでのチューニングにはもってこいなのであります。

 

MINIのクラッチ交換はボンドミニまでご相談ください。

それでは!

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

こんばんは衛藤です。

 

今日風めっちゃ強かったですね。洗車中何度もくじけそうになりました。春一番ですか?

 

 

 

さて本日ご紹介はF60 JCWにスタッドレスお取り付け!!

 

 

 

スタッドレスタイヤはYOKOHAMA アイスガード!

組み込んだホイールはJCWオーナーの悩みを解決するため現れた救世主、スパルコ(OZ)の ポディオ!!

 

 

 

このポディオなにが救世主かって、社外ホイールを選ぶ際JCWオーナーの悩みの種であるフロントキャリパーを見事にかわしてくれるホイールなんです。JCWのブレーキキャリパーをかわすホイールって意外と少ないのです。

 

 

 

ご覧くださいこの絶妙なクリアランス!専用設計ですか!ってくらいドンピシャです。ギリギリにかわしていて最高です。

 

カラーもグロスブラックでどんなボディカラーにもマッチする万能野郎っていうのがまたいいですね。スタッドレス用としてももちろん使えますが、結構スポーティなホイールデザインをしているので普通にサマータイヤ履かせてドレスアップさせるのもいいかもしれません。

 

今年も残りわずかで作業予定はもうほぼ埋まってしまってますが、お問い合わせはまだ受け付けておりますのでぜひご相談ください。

 

では。


こんばんは。ツッチーです

 

今年の営業も残すところあと一週間となりました。

あっという間ですね。

予定満載ですがなんとかラストスパート頑張りたいと思います。

 

さてそんな今日は

 

コチラのF56クーパーSにREMUSのサウンドコントロールシステムを取付

サウンドコントロールシステムについて詳しくはコチラ

 

今までリモコンでバルブを開けたり閉じたりしていたのが、専用アプリを使ってスマホで出来るようになります。

今回取付させて頂いたお車は、以前からあるリモコンで開閉するREMUSが装着済みだったのでコントロールユニットなどそのた諸々を新調しまして動作するようにしました。

 

 

コントロールユニットの見た目は変わらないのですが開けたら中身が別物でした(当たり前)

 

アプリだけで無く以前の様にリモコンからも操作可能です。

リモコンもデザインが異なりボタン一つのスッキリ仕様に

 

と、もう一つ!

これが重要!

足元の診断ポート(OBD)に付属のユニットを繋ぐと車両のエンジン回転数などを認識出来る様になるので

 

ななんと!

回転数毎(3つの領域まで設定可)のバルブ開度設定なんかも出来ちゃうんですね〜(自動モード)

 

つまり街乗りに多様する低回転域はバルブが閉じてて、高回転まで回した時だけバルブ全開なんてことも出来ちゃう?!

いやー便利です。

 

気になる方は是非お問い合わせください!

それでは!

 

 

 

 


こんばんは

 

超絶体調不良から無事生還しました、ツッチーです(2回目)

 

「前回治ったって言ってたやんけ!」と思った方、経緯を説明しますと

 

水曜日夜、一旦熱が下がる(←ここで前回のブログ更新)

翌、木曜日朝まさかの38.5℃

金曜日も熱が下がらず

本日無事生還となりました

いやー大人になってこんなに長い期間、高熱が出た事がなかったので堪えました

 

これでインフルじゃ無いみたいなので逆に怖いです(笑)

 

さて社会復帰1日目の今日は朝から猛ラッシュ

なんとか予定の作業をこなしまして、夜少しだけ空いた時間にお預かり作業のR53リフレッシュを少しだけ進めておきます。

 

R50系のリフレッシュ作業は相変わらず多いです。

それだけ長く大切にされている方が多いという事ですね。

 

最近ブログがF系ばっかりで50系だと行きづらいなんて言われる事がたまにありますが、

僕が53乗りなのでそんな事おっしゃらずにお気軽にどうぞ(笑)

 

 

作業は足回りを中心として

 

ブッシュなどなども各所交換

全然違和感感じてませんけど?という方もリフレッシュするとあまりの「シャキット感」にびっくりしますよ!

経年劣化による日々の変化はごく僅かですからね、

乗り続けていると慣れてしまって「こんなもんかな?」になってしまいます。

はっきり言って12年〜17年が経過しているR50系はノーリフレッシュではゴーカートフィールから程遠い状態です。

 

乗っても楽しいMINIですからリフレッシュして気持ちのいい走りを手に入れましょう!

 

 

オーナー様、作業完了まで今しばらくお待ちください。

 

 

それでは!

 

 

 

 

 

 


こんばんは衛藤です。

 

 

本日はR52!!

サーモスタットハウジングからの水漏れ修理です。

 

エンジンの横の辺りに付いてるのですがR56系同様水漏れ率の高い場所です。

そいやそいやと取り出しましてこれがサーモスタットハウジングです。

水漏れの跡がありますねー。

 

 

パッキンもパキパキに固くなってしまってます。パッキンだけに。

ゴム製で尚且つ高温にさらされるので劣化は避けられませぬ。

 

そんで新品に交換します。ついでにサーモスタットも新品に。

 

あとは元に戻してクーラントを補充して、水温を一度上げて漏れが無いか確認し、一晩置いてもう一度漏れの確認をして問題無ければ完了です。

 

 

R50系の修理もボンドミニにお任せください。