こんばんは、。ツッチーです。

 

今日はコチラのR56を進めてイキマス。

 

作業はクラッチの不具合の為、交換

R56系のクラッチ交換はここ最近ホントに多いです。

チューニング目的で軽量&強化クラッチを入れるケースも勿論ですが不具合や異音などでの入庫が急増してますね。

今回の車両はクラッチが繋がらない症状(一応繋がるが半クラ状態)

そしてペダルがメチャ重い

 

早速摘出したトコロ・・・

 

 

 

うーん、ディスクが完全に終了していますね

どおりで繋がらないハズです。

 

 

ディスクはフェーシングを通り越してリベットまでタッチしていた様でカバー、フライホイール共にダメージが。

 

無数の細かいクラックも確認できます。

こうなるとフライホイールの再利用はリスクがあるので交換をお勧めします。

今回はこのブログでも過去何度も登場してます小倉クラッチのクラッチキット、ARUGOS(アルゴス)への交換なのでフライホイールももれなく交換

シングルマスの軽量フライホイールなのでレスポンスも良くなり繋がりもよりダイレクトになります。

 

 

チューニングはモチロン、リフレッシュや修理にもARUGOSはホントおススメです。

 

是非お問い合わせください。

 

 

 


こんばんは。ツッチーです

 

今日からPLUGシリーズのキャンペーンですよ~!

お買い得です。

さらにシレーっと数日前からバナーが貼られていますが

eショップの送料無料キャンペーンも開催されていたりします(一部地域除く)

送料って結構バカにならないですからね。

勿論、エアロパーツやマフラー、足回りなど通常だと高額な送料になってしまう物も期間中は無料です。

この機会に是非ご利用くださいませ。

 

 

 

さてさてそんな今日は沢山お預かりさせて頂いている車検整備の車両を進めました。

 

コチラはヘッドカバーからオイル漏れのR56クーパー

ヘッドカバーからの漏れや滲みだと大量にオイルが減ってしまう事はあまりないので軽く見られがちですが侮ってはイケマセン!

漏れたオイルはヘッドやシリンダーブロックを伝わってエンジン全体汚します。

さらにホース類などに付着したまま放置されるとホースを痛める原因にもなります。

クーパーS、JCWだとインマニ下のプレッシャーコントローラーのホースやエンジン前側の電動ウォーターポンプのホースなどが油分を吸ってブヨブヨになっているケースも多いですね

 

以前もブログに書いたことありますがクーパーだとプラグホールに染み出た物が溜まってしまうケースが多いです。

今回の車両もなみなみ溜まっていました

ちなみにターミナル(プラグの頭頂部)まで溜まってしまうと接触不良により点火が出来ずエンジンが超不調になります

一緒にプラグも点検すると・・

OH・・・・

中心電極がほぼありません

よくぞ今までご無事で

 

この状態だと出先でトラぶって帰って来れなくなる可能性さえあります。

定期的な点検はホントに大切!

ちょくちょく点検しましょうとは言いませんが一年点検や車検でしっかりとした点検、整備をお勧めします。

 

車両点検や整備、修理はボンドミニに是非ご相談下さい。

 

 

 


こんばんは。
カレーは飲み物」に次ぐ「とんかつは飲み物」が気になってしかたがない
ツッチーです。
もうねこのパワーワード半端ないです(笑)
インパクト勝ち!
誰か行ったら感想を聞かせて下さい
さてさて今日は一年点検でご入庫中のR56がオイル漏れしていたので修理しました。
DSC005831.jpg
一年点検は車検と違って罰則が無い為、実施しない方もいらっしゃいますが今回の様に早期に不具合に気が付く事が出来る事もありますので受ける事を強くおススメします。
DSC00587.JPG
そしてオイル漏れはこんな感じ
DSC00586.JPG
漏れ迹を辿っていくとどうやらシャフトシールからの模様
DSC00590.JPG
早速、交換のためにドライブシャフトを引っこ抜きます。
意外に思うと思いますがドライブシャフト、通称ドラシャは刺さっているだけだったりします。
とは言ってもナックルからアームを外したりで抜くのは色々面倒ですが(笑)
DSC00597.JPG
ここで登場シールプーラー
適当な工具でコジって外すと傷が付いてまたオイル漏れの原因になるので専用工具で優しく確実に外します。
DSC00591.JPG
摘出
DSC00595.JPG
シールが無い状態
DSC00596.JPG
新品シールに打ち替えて清掃
あとは逆の手順で元に戻して念の為、油量の確認をして完了です
今回のシャフトシールに限らずオイル漏れは早期に対応する事で確実にしっかり治せます。
悪化してからだと漏れたオイルの汚れが酷くて原因箇所の特定が困難になるケースもありますからね。
一年点検でしっかり整備して楽しく快適なMINIライフを送りましょう
それでは!


こんばんは。ツッチーです
今日はR50のドライブシャフトブーツ交換
DSC00556.JPG
シャフトシールからの漏れもあったので一緒に交換
ブーツはご覧の通り
DSC00558.JPG
切れてしまうと中のグリスが飛び散り汚れてしまうだけでなく、運転席側だとベルト周りに付着して余計なトラブルにも繋がりかねません
さらにジョイント内部のグリスが無い状態がずっと続けばベアリングが破損してしまう事も。
定期的な点検で早期の発見は勿論の事、タイミングによっては「もうすぐ切れそう」が発見できる事も
DSC00554.JPG
特に50系はゴムが10年以上経過していますからね。この辺のメンテナンスはとっても重要です。
修理や点検お気軽にどうぞ
それでは!


こんばんは。ツッチーです
今週も沢山、車検と一年点検のご用命を頂いています。
皆様ありがとう御座います。
順番に整備していきますのでお待ちくださいませ
さてさて訳で点検や修理がメインの平日ですが今日はその中から意外に多い修理を
DSC00237.JPG
いきなり「どアップ」で訳が判りませんね(笑)
これN18エンジンって言ってR56系の後期やクロスオーバーのクーパーSが積んでるエンジンです。
前期のN14エンジンと比べ非常に安定していてトラブルが少ないエンジンなのですが写真のポイント(オイルポンプソレノイドへの配線)からオイル滲みが起こっている事がよくあります。
無題11.png
パーツの画像で言うと赤○のトコロですね。
オイルパンの中に入っているオイルポンプへの配線です。
オイルが溜まっているオイルパンより上ですし、油圧が掛かる場所ではないのでじゃじゃ漏れはありませんが放っておくといつまでもだらだらオイルが滲んでしまいます。
と、ここで鋭い方はお気づきでしょう?!
そう!コレどうやって交換するのよと(笑)
正攻法で行くとオイル抜いて・・・オイルパン外して・・・となかなか面倒な作業になりそうですが、ナントこれ専用のリペアキットが出てるんです
詳しく説明すると長くなるので割愛しますがリペアキットだとオイルを抜く作業もオイルパンを外す作業も無く比較的短時間で修理が可能なのです。
DSC00238.JPG
まぁそれでもドライブシャフトを引っこ抜かなくちゃいけないのでまぁまぁ大変ですが
オイル漏れ修理もボンドミニにご相談下さい。
それでは!