こんばんは。ツッチーです

 

今日はR53の足リフレッシュを行いました。

 

 

早速取り外して交換予定のビルシュタインB4と

 

 

B4はビルシュタインからリリースされている高いOE品質のショックアブソーバー

HPで「乗るたびに思い出す、初めて乗った時の新鮮味」と謳われているだけあってまさにリフレッシュには最適なショックアブソーバーです。

 

ちなみに今まで付いていたショックアブソーバー、なにか様子がおかしい(乗った瞬間に感じる不快感)

試しに縮めて見ると・・・

 

・・・

 

・・・

 

このままウンともスンとも言わず・・・。

 

普通、ショックアブソーバーってオイルと一緒にガスが入っているので縮めても自然にニョキニョキって伸びるのですが

しかも内部で引っかかってるのか?!何か壊れてるのか?!このままロックして動かなくなっちゃいました

ココまでじゃなくてもR50系は全て10年以上が経過していますから残念ながら新車の乗り味からほど遠い状態になっている個体も少なくありません!

ゴーカートフィールと表現されるMINIのキビキビとした走りを手に入れたければサスペンションのリフレッシュ(出来ればブッシュやマウントの交換も)がおススメです。

 

 

後は組み上げて取付すれば完了です

 

50系のリフレッシュはボンドミニにご相談下さい!

 

 

おまけ

良いサスペンションとダメダメなサスペンションの違いが分かる動画を見つけたのでどうぞ

 

路面追従性もつまりはこうゆう事です

 

それでは

 

 


こんばんは。
こちらメチャお買い得です。
社外品の所に注目!
ホイール替えてベタベタで僕乗りたいです。
・・・・・お金があったら(笑)
ツッチーです。
さてさて今日はコチラのR50がリフレッシュでご入庫
DSC00919.JPG
全体的に綺麗なのですが・・・
DSC00920.JPG
ライトがチョット残念な感じに
経年劣化で黄ばんで曇ってしまっています。
見た目もさることながら曇りが酷いと光量不足で車検がNGのケースさえもあります。
DSC00921.JPG
と言う訳でライトをまるごと後期の新品に交換
どうですかコレ!見違えましたよね!
ホントにホント、ライトを変えただけなのに車がグッと新しく綺麗に見えます
DSC00923.JPG
う〜んピカピカです
特に前期型は後期ルックついでにリフレッシュ出来ちゃうので丸ごと交換がおススメです。
50系のリフレッシュもボンドミニにお任せ下さい。
それでは!


こんばんはツッチーです!
今日も暑いっすねぇ
コレで梅雨明けしてないって言うんだから驚きです。
今週末辺りに梅雨明けみたいですよ。
さて今日はR50にビルシュタインB12を取付させて頂きました。
DSC00505.JPG
DSC00504.JPG
社外の車高調が入っていたのですが取り外してB12に交換です。
どんなに高性能なサスペンションでも長い目で見れば消耗品
少しづつ劣化していってヘタってきます。
これは純正サスペンションでも同じ
時々リフレッシュの為に同じ足回りに交換されるお客様もいらっしゃいますが皆さん同様に驚かれます。
「新品ってこんな乗り味だったんだ」と。
劣化は本当に少しづつですからね毎日乗ってると意外に気が付かないものです。
DSC00508.JPG
取付後はこんな感じ
ほど良いローダウンで見た目もスタイリッシュになりました。
肝心の乗り味もR50系用のビルシュタインは本国セッティングの為、適度な固さでシャープなステアリングレスポンスが特徴です。
走りを楽しみたい方におススメです。
R50系の足回り交換やリフレッシュもボンドミニにお任せ下さい。


こんばんは!ツッチーです
ブログのせいか?!よく「最近F系ばっかりですね」って言われる事が多いのですがR56系、50系も変わらずご入庫、ご来店頂いている状態です。
特に今週お預かり車両も全部50系
IMG_9815.jpg
52カブリオレなんて色被りです(笑)カブリだけに・・・なんつって笑
他の保管墓所にも車検でお預かりの53数台
IMG_9813.jpg
本日最後の作業オイル交換もR53なのでした
流石に最終モデルから約10年が経過しているので色々手を入れる必要がある車両も多いのは事実ですが、やっぱり50系ならではの乗り味やフィーリングを気に入って大切にされている方が多いですね
僕も仕事でF系に乗るとあのスムーズさ、快適さ、に「うわっ良いなぁコレ」ってなりますが今のトコロ自分には53のパンチがある走りと、良い意味でのガタピシ感(笑)が合っているので暫く乗る予定です。
まだまだ元気なR50系のメンテナンス、カスタマイズもボンドミニにお任せください!
それでは!


こんばんは!ツッチーです
今日はお預かり中のR53のコントロールアーム交換などなどを作業させて頂きました。
IMG_9234.jpg
詳しくない人にはサッパリだと思いますがちなみにコレがコントロールアーム

IMG_9235.jpg
リアの足回りの一部です。
左が外した純正、右が交換予定の社外品。
IMG_9238.jpg
ちなみに今回交換に使う社外品の方はこんな感じでネジが切ってあって長さが調整出来るようになってます。
IMG_9240.jpg
そして、こんなトコロにこんな風に付いてます。
さぁコレで何が出来るかというと・・・・
IMG_9243a.jpg
う〜ん我ながら分かりずらい(笑)
アームの長さが調整できるとAを支点にBのタイヤ取付部を自在に傾けられるようになるんです。
超簡単に言うとリアのキャンバー(タイヤの寝具合)が調整できるようになっちゃう訳です
コレでローダウンして寝てしまったリアのタイヤを起こしたり、逆にハミダシサイズのタイヤを寝かせて収めたりが自由自在
今回はオーナー様のご要望で基準値まで起こしたアライメント調整でご納車させて頂きました。
FF車といえどタイヤは4つ地面に接して走ってる訳ですからリアのアライメントも超重要ちゃんとセッティングしてあげれば走りは激変します。
それと、ちなみにですがこのリアのキャンバー調整、2004年10月以降生産の車両は一応純正でも出来るようになってます。
IMG_9236.jpg
ココ、アームの下側取付部に
366735_x800.jpg
こんなパーツ(偏心カム)が入っているので僅かですが調整が可能です。
このパーツで調整出来る範囲を超えたセッティングをしたい場合やこの機構が無い50系前期型などでリアのキャンバー調整をしたい場合はアーム交換がお勧めです。
あ、あともう一つ!
このコントロールアーム、足回りを構成する重要な部品なので一般的には強度検査が必要です。
※強度検査が必要なパーツであるかどうかは検査官の判断により異なる場合があります。
つまり検査を受けていない商品は車検に合格できませんのご注意を!
それでは!